今回の『かわら版』特集号は、「子ども・若者の未来を考える」というタイトルで、ひとつは貧困対策プロジェクトチームがまとめた「包括的貧困対策の構築に向けて~地域の問題解決に向けて専門職の必要性~」を掲載しました。この論文は、自治研の研究員でもある日本大学福祉学科教授の井上仁先生に総括編集をお願いしました。これまでチームでは、関係機関からのヒアリングや事例検討・市民セミナーなどを行い、現状の分析を進めながら貧困対策における家族支援の必要性や総合的アプローチの必要性などについて、貧困の連鎖の防止という視点から検証したものをまとめました。

この論文については、第13回地方自治研究集会に応募し、内容が認められ自治研究論文部門奨励賞を受賞することが出来ました。

 自治研の活動紹介では、「豊橋市子ども・若者施策についての聞き取り調査及び施設視察報告」や月に2回程度開催している中学生の居場所「ホップ・ステップ・ジャンプ」の実践報告などを盛り込みました。

 ぜひ、多くの皆様に目を通していただき、ご支援、ご協力をいただければ幸いです。

事務局長 佐藤 千恵子